読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカン食堂

MMORPG「黒い砂漠」のプレイ日記。本場アメリカン家の活動をつづります。

黒い砂漠のファウスト 序曲 第二場

Prologue
Scene Ⅱ : The Witches' Kitchen
(One who never thought, to him it’s brought.)

f:id:american-shokudo:20161120155245j:plain「――しかしどうして魔女の手を借りるのだ。その薬は君には作れないのか」

f:id:american-shokudo:20161120155551j:plain「作れますよ。作れますが時間の無駄ですね。そんな暇があれば橋を千くらいかけてお目にかけます。腕や術ばかりじゃなくて、ひどく辛抱が要るんですから」

f:id:american-shokudo:20161120155641j:plainf:id:american-shokudo:20161120160151j:plain
「!」

f:id:american-shokudo:20161120155914j:plain「これはこれは・・・お久しゅうございます。御用の趣はなんでしょう?」


「例の薬を一杯貰いにきた。一番古いやつだ――効き目は強いほうがいい。大切な友達なのだ」
f:id:american-shokudo:20161120160713j:plain
「こちらを差し上げてみましょうか」

「例の呪文を唱えてからたっぷり一杯差し上げてくれ」

f:id:american-shokudo:20161120162056j:plain

会得すべし、一を十とせよ。
二は去らしむべし。
ただちに三を作れ。
しからば汝、富むべし。
四は手放せ、
五と六とより、七と八を作れ、
これ魔女の勧めなり。
それにて成就疑いなし。
九は一にして、
十は無、
これぞ魔女の九々。(*1)

「この汚らしい煎じ薬を飲んで若返るなら誰も苦労はしない。過去、偉人や哲人が若返りの霊薬を見つけたことがあったか。もっとまともなやり方はないのか」

f:id:american-shokudo:20161120161449j:plain
「先生、また理屈ですか。自然に若返りたいのなら有機野菜でも食べていればよいでしょう。八十過ぎまで若々しくいられますよ」

f:id:american-shokudo:20161120162402j:plain

気高き力は、
学問の前にも、全世界にも
隠され鎖されたり。
思惟せぬ者にこそ、
そは与えられる。
労せずしてかちうるなり。(*2)

f:id:american-shokudo:20161120170036j:plainf:id:american-shokudo:20161120163135j:plain
「・・・・・・何を下らぬことを述べ立てているのだ。これ以上は我慢がならない」

f:id:american-shokudo:20161120170118j:plain
「よし、もういいでしょう。さあ、先生。ぐっと飲み干してください」

f:id:american-shokudo:20161120170223j:plain「悪魔と友達付き合いをしていてこれくらい怖いこともないでしょう。さあ」

f:id:american-shokudo:20161120170457j:plain
「ぐっ・・・・・・!」

f:id:american-shokudo:20161120172652j:plain
「出かけますよ。もうすぐ薬の効果が現れるはずです」

f:id:american-shokudo:20161120174030j:plainf:id:american-shokudo:20161120201237j:plainf:id:american-shokudo:20161120173710j:plainf:id:american-shokudo:20161120170822j:plain
「世界はあなたが思っているよりもずっと広い・・・・・・私がご案内します」

f:id:american-shokudo:20161120173934j:plain(*1-2)ファウスト 第一部 ゲーテ高橋義孝訳)「魔女の厨」


よかったら一押ししてもらえるとうれしいです!ヾ(*´∀`*)ノ